ラクガキだけど。

なんかシックリこない自分の絵を描き直す。

 
リアル過ぎず、かといってアニメとかそういうキャラクターっぽい感じにもしたくなく、線の手ぶれ感、太さ、途切れ具合、消しては描いてを繰り返して生まれるかすれた線や奇跡の一本線。完成が見えない作品には、楽しさの中に、不安さえ感じる。

自分らしさはまだまだ見えないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください