メアリ。

スタジオポノック長編アニメーション「メアリと魔女の花」をみてきました。

ジブリとしてではなく、ポノックとして気持ちを切り替えて作品をみようと思いました。しかし、ところどころにジブリを思わせる演出やキャラなどの雰囲気があるので切り替えがムズカシかった。

原作の世界観を壊さず、決まった時間に必要な情報を収めるというのはとても難しい事だと思います。「メアリと魔女の花」はおさまらなかった情報がいくつかあったと感じ、あっという間に終わってしまったという印象。情報を増やせれば、もう少し長く映画を観たかった。

映像表現、世界観や作画などはとても綺麗で、次のスタジオポノックとしての作品が今から楽しみです : )


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です