インサイドヘッド。

初日、レイトショーでインサイドヘッドをみてきました。

 

インサイドヘッド。

 

あたまの世界の表現は行ってみたくなる世界。

そして、作品に近い年の子がいる方は泣けると思います。

喜ぶ事の大切さ、イカリ、ビビリ、ムカムカ、そしてカナシミ。。。

どれを失ってもいけないという事。

親と子供との間に、改めて考えさせられる気持ち家族や色々な大切な事。

オススメです : )


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です